トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ寿司とは?, 寿司とは? > 寿司の文化

寿司の文化

寿司の文化の画像

もともと寿司は、寿司屋でカウンターなどで食べるものでした。そして、寿司は、庶民にとっては高価なものでした。しかし、大阪で1958年に回転すし屋がオープンしてから、庶民に広がりました。その後、寿司は、家庭でも「手巻きずし」という形で、食べられるものになりました。

寿司は今でもやはり、高級なものというイメージがあります。やはり、高級なお寿司は、カウンターで食べるお寿司屋になっています。そのせいか、ハレの日や、お祭りの時などで、お寿司を食べることが多くなっています。

ひな祭りのときも、菱餅、雛あられ、はまぐりのお吸い物などと一緒に「ちらし寿司」を作る風習があります。魚介類を酢飯の上にきれいに乗せる海鮮丼のような「ちらし寿司」は、主に、関東から東日本などで食べれられています。また、関西など西日本では、魚介類や野菜などを刻んでご飯に混ぜる「ちらし寿司」などが食べられています。

寿司の文化は、各地色々発展していきました。江戸のように新鮮な魚が豊富に獲れる場所では、「江戸前寿司」のような「握り寿司」が発展し、魚があまり獲れないところや、海がないような場所では、「押し寿司」や、火を通した魚を乗せたりします。うなぎやあなごなどもそうでしょう。また、その土地のものを使った寿司が作られるようになっていきました。魚介類にこだわらず、その時の旬を乗せた寿司もあるそうです。たとえば、春でしたら、筍をのせたりするところもあるそうです。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 東家 青森県弘前市大字城東北3丁目1−12 電話0172-27-0333
    • 吉兆寿司 岩手県奥州市前沢区字塔ケ崎21−7 電話0197-56-5906
    • すきやきの松伊 北海道帯広市西5条南3丁目18 電話0155-23-4655
    • 小田すし店 京都府宮津市字文珠518−25 電話0772-22-6662
    • 海鮮割烹八風 長野県佐久市佐久平駅東21−2 電話0267-66-0082

今日のお勧め記事 ⇒ 柿の葉寿司

「柿の葉寿司」は、柿の葉を使ったお寿司です。 石川県、奈良・和歌山県の郷土料理になっています。 「柿の葉寿司」は、家庭でも作られていますが、駅弁や空弁でも食べることができます。 奈良県・和歌山県の「柿の葉寿司」は、酢飯を鯖や鮭、鯛の切り身を一口大に握った酢飯にのせ、柿の葉で包んで、押します。 1~2日すると食べごろになります。 ネタは、魚だけではなく、シイタケなどを使う場合もあります。 柿の葉は、そのまま使用する場合もあるが、塩漬けにする場合もあります。 殺菌効果を上げる効

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。