トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ寿司とは?, 寿司とは? > 寿司のシャリ

寿司のシャリ

寿司のシャリの画像

握り寿司を作るのに、大切なものの一つにシャリがあります。シャリによって寿司の美味しさが変わってくるのです。

まずは、米ですが、米は新米は水分を含んでいるので、酢飯にするには向いていません。ですから、よく乾燥している古米のほうがシャリを作るには向いているといわれています。米は、粒が壊れないように、しかし、ヌカがとれるように、しっかり優しく洗います。研いだ米は、30分以上ザルにあげておきます。

30分以上経ったら、水を入れて米を炊きます。炊きあがりのときに、固めに炊けるように、少し水を調節して入れます。その時に、酒を少し入れて炊くと美味しくなります。もちろん、水も美味しい水を使うと、なお美味しく炊きあがります。

合わせ酢を作ります。合わせ酢(米3合の場合)は、昆布一枚、酢大さじ4、砂糖大さじ1、塩小さじ1.5を火にかけて混ぜます。炊きあがったご飯は、飯台に入れます。合わせ酢はをご飯に入れ、しゃもじで切るように混ぜます。切るように混ぜないと、ねばりが出て、ベタッとしたご飯になってなってしまいます。混ぜ終わったら、うちわなどで扇いで冷ましてください。風をあてることにより、ご飯に艶が出ます。

寿司を握るにはやはり熟練されて技術が必要になります。握り方にも色々な方法があります。「小手返し」「本手返し」「たて返し」「横手返し」があります。握ったご飯の色々な形があります。「たわら型」「はこ型」「船型」などがあります。

寿司屋さんのように握るのは難しく、柔らかく握るとすぐに崩れてしまいますが、崩れないように固く握ると美味しくありません。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 東家 青森県弘前市大字城東北3丁目1−12 電話0172-27-0333
    • 吉兆寿司 岩手県奥州市前沢区字塔ケ崎21−7 電話0197-56-5906
    • すきやきの松伊 北海道帯広市西5条南3丁目18 電話0155-23-4655
    • 小田すし店 京都府宮津市字文珠518−25 電話0772-22-6662
    • 海鮮割烹八風 長野県佐久市佐久平駅東21−2 電話0267-66-0082

今日のお勧め記事 ⇒ 巻き寿司

「巻き寿司」は、海苔の上に酢飯を乗せ、具をのせます。そして、巻きすを使って、丸めたものをいいます。巻いたものの太さによって「細巻」「中巻」「太巻」があります。 「細巻」は、直径3センチぐらいの太さで、大体、具は一つ入れます。中に入れる具は、かんぴょう、きゅうり、沢庵、納豆、ネギトロ、ツナ、梅などがあります。キュウリを巻いたものは、別名「カッパ巻」ともいわれています。 「中巻」は、「細巻」と「太巻」の中間ぐらいの太さで、具は、2つぐらい入れます。 「太巻」は、直径5センチぐら

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。