トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ > 寿司の種類

寿司の種類

ちらし寿司

「ちらし寿司」は、大きく分けると2種類あります。酢飯の上に、具をのせる乗せ寿司と、酢飯に具を混ぜた混ぜ寿司になります。使用する具も色々あり、地域によって異なってきます。 江戸発祥の「ちらし寿司」は別名「海鮮丼」と呼ばれます。主に東日本に多いのですが、酢飯の上に、刺身などの魚介類をきれいに並べたものになります。乗せる具は、握り寿司の材料になるようなマグロ、ホタテ、サケ、イカ、エビ、タコ、イクラ、ウニなどで、他には、卵焼きなどをのせます。 関西など西日本の「ちらし寿司」は、酢飯

寿司の種類の記事

寿司の種類のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

ちらし寿司

ちらし寿司

「ちらし寿司」は、大きく分けると2種類あります。酢飯の上に、具をのせる乗せ寿司と、酢飯に具を混ぜた混ぜ寿司になります。使用する具も色々あり・・・


ちらし寿司

ちらし寿司

「ちらし寿司」は、大きく分けると2種類あります。酢飯の上に、具をのせる乗せ寿司と、酢飯に具を混ぜた混ぜ寿司になります。使用する具も色々あり・・・


握り寿司

握り寿司

寿司というとやはり、「握り寿司」のイメージがあるのではないでしょうか。「握り寿司」は、酢飯を一口大に握り、その上に魚介類や、玉子などのネタ・・・


握り寿司

握り寿司

寿司というとやはり、「握り寿司」のイメージがあるのではないでしょうか。「握り寿司」は、酢飯を一口大に握り、その上に魚介類や、玉子などのネタ・・・


稲荷寿司

稲荷寿司

「稲荷寿司」は、甘辛く煮た油揚げの中に酢飯を入れて、包んだ寿司です。「お稲荷さん」とも呼ばれます。中に入れるご飯は、酢飯だけの場合もありま・・・


稲荷寿司

稲荷寿司

「稲荷寿司」は、甘辛く煮た油揚げの中に酢飯を入れて、包んだ寿司です。「お稲荷さん」とも呼ばれます。中に入れるご飯は、酢飯だけの場合もありま・・・


なれ寿司、押し寿司

なれ寿司、押し寿司

「なれ寿司」は、日本の一番古いお寿司になります。 平安時代には、すでにこの「なれ寿司」があったという記述があるほどです。「なれ寿司」は、冷・・・


なれ寿司、押し寿司

なれ寿司、押し寿司

「なれ寿司」は、日本の一番古いお寿司になります。 平安時代には、すでにこの「なれ寿司」があったという記述があるほどです。「なれ寿司」は、冷・・・


巻き寿司

巻き寿司

「巻き寿司」は、海苔の上に酢飯を乗せ、具をのせます。そして、巻きすを使って、丸めたものをいいます。巻いたものの太さによって「細巻」「中巻」・・・


巻き寿司

巻き寿司

「巻き寿司」は、海苔の上に酢飯を乗せ、具をのせます。そして、巻きすを使って、丸めたものをいいます。巻いたものの太さによって「細巻」「中巻」・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 寿司の歴史

寿司は、日本の料理のイメージがありますが、寿司の始まりは、東南アジアだといわれています。東南アジアでは、保存食として魚を塩漬けにし、米の中に入れ発酵させて食べています。そして、数十日~数か月経つと、発酵した魚だけを食していました。この発酵させた食べ物を「なれずし」と呼んでいます。 平安時代になると、この「なれずし」が中国を経由して日本に入ってきました。東南アジアでは「なれずし」を作る際に使った米は捨てられていました。室町時代になると、日本人は、この捨てていた米も一緒に食べた

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。