トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ寿司の種類, 寿司の種類 > ちらし寿司

ちらし寿司

ちらし寿司の画像

「ちらし寿司」は、大きく分けると2種類あります。酢飯の上に、具をのせる乗せ寿司と、酢飯に具を混ぜた混ぜ寿司になります。使用する具も色々あり、地域によって異なってきます。

江戸発祥の「ちらし寿司」は別名「海鮮丼」と呼ばれます。主に東日本に多いのですが、酢飯の上に、刺身などの魚介類をきれいに並べたものになります。乗せる具は、握り寿司の材料になるようなマグロ、ホタテ、サケ、イカ、エビ、タコ、イクラ、ウニなどで、他には、卵焼きなどをのせます。

関西など西日本の「ちらし寿司」は、酢飯に具を混ぜる混ぜちらしになり、「ばら寿司」「ばらちらし」と呼ばれます。シイタケ、かんぴょう、にんじん、レンコン、ちくわ、油揚げ、焼きアナゴなど様々なものを酢飯に混ぜます。上には、錦糸卵、イクラ、海苔などで飾り付けをします。この「ばらちらし」のことを、関東では「五目ちらし」「五目寿司」と呼ばれています。ひな祭りなどのお祝いの席では、この「ばらちらし」が家庭料理として、作られます。

岡山県の「ばら寿司」は、岡山県の郷土料理になります。岡山の「ばら寿司」は別名「備前ばら寿司」「祭り寿司」ともいわれています。この岡山の「ばら寿司」は、関東や関西の「ちらし寿司」とは異なり、具が大きいのが特徴です。具は、アナゴ、エビなどの魚介類、レンコン、ニンジン、シイタケなどの野菜など全部で30~40種類の具が乗せられます。ですから、彩りもとてもきれいで、豪華なお寿司になっています。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 旅館和楽 福井県三方上中郡若狭町世久見14−3−1 電話0770-46-1001
    • すし徳 宮城県塩竈市佐浦町3−16 電話022-364-3245
    • 寿し利 岩手県盛岡市大通1丁目7−12 電話019-651-4144
    • 有限会社おかる 岩手県奥州市前沢区字七日町91 電話0197-56-2515
    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092

今日のお勧め記事 ⇒ 寿司の文化

もともと寿司は、寿司屋でカウンターなどで食べるものでした。そして、寿司は、庶民にとっては高価なものでした。しかし、大阪で1958年に回転すし屋がオープンしてから、庶民に広がりました。その後、寿司は、家庭でも「手巻きずし」という形で、食べられるものになりました。 寿司は今でもやはり、高級なものというイメージがあります。やはり、高級なお寿司は、カウンターで食べるお寿司屋になっています。そのせいか、ハレの日や、お祭りの時などで、お寿司を食べることが多くなっています。 ひな祭りのと

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。