トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ寿司の種類, 寿司の種類 > 稲荷寿司

稲荷寿司

稲荷寿司の画像

「稲荷寿司」は、甘辛く煮た油揚げの中に酢飯を入れて、包んだ寿司です。「お稲荷さん」とも呼ばれます。中に入れるご飯は、酢飯だけの場合もありますし、酢飯にニンジンやシイタケを煮たものを混ぜたり、胡麻を混ぜたりと色々あります。

「稲荷寿司」の名前は、稲荷神社などの神の使いのキツネが、油揚げが好きであるという言い伝えがあり、そこから「稲荷寿司」という名前が付きました。

「稲荷寿司」は、一般的に、俵型に包みますが、関西などでは、油揚げを三角に切り、三角の稲荷寿司が主流となっています。また、油揚げの入り口を上に置き、中の酢飯が見えるように包む方法もあります。この場合、酢飯は何か混ぜたものを使うことが多くなっています。

「稲荷寿司」は、寿司屋で食べるというよりも、お弁当などで食べることが多いお寿司です。「巻き寿司」と一緒に入ったものが多くみられ、この組み合わせのお寿司を「助六寿司」といわれています。

埼玉県の熊谷市の「稲荷寿司」は、とても大きく、普通の倍以上の大きさあります。この寿司は「聖天寿司」と呼ばれ、200年以上の伝統があり、名物になっています。熊谷にある歓喜院というお寺は「聖天様」と呼ばれており、そこからこの名前がついたといわれています。

愛知県豊川市の「稲荷寿司」は、「稲荷寿司」発祥の地の一つとして伝えられています。江戸時代ごろから、この豊川では「稲荷寿司」が作られており、今でも「稲荷寿司」を扱うお店がたくさんあります。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 東家 青森県弘前市大字城東北3丁目1−12 電話0172-27-0333
    • 吉兆寿司 岩手県奥州市前沢区字塔ケ崎21−7 電話0197-56-5906
    • すきやきの松伊 北海道帯広市西5条南3丁目18 電話0155-23-4655
    • 小田すし店 京都府宮津市字文珠518−25 電話0772-22-6662
    • 海鮮割烹八風 長野県佐久市佐久平駅東21−2 電話0267-66-0082

今日のお勧め記事 ⇒ 江戸前寿司

寿司の歴史は古いのですが、「握り寿司」が出てきたのは江戸時代に入ってからです。 「握り寿司」が出てくると、人気が出て江戸中、さらには、大阪、名古屋などにも「握り寿司」が広まって行きました。 この江戸発祥の寿司を「江戸前寿司」をいいます。 東京湾で獲れた新鮮な魚介類を使用して寿司屋が握ります。 「江戸前寿司」は、江戸の郷土料理になっています。 「江戸前寿司」というと「握り寿司」だけのようなイメージがしますが、東京湾で獲れた魚を使った寿司を「江戸前寿司」といいますので、「ちらし

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。