トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ地方の寿司, 地方の寿司 > 柿の葉寿司

柿の葉寿司

柿の葉寿司の画像

「柿の葉寿司」は、柿の葉を使ったお寿司です。
石川県、奈良・和歌山県の郷土料理になっています。
「柿の葉寿司」は、家庭でも作られていますが、駅弁や空弁でも食べることができます。

奈良県・和歌山県の「柿の葉寿司」は、酢飯を鯖や鮭、鯛の切り身を一口大に握った酢飯にのせ、柿の葉で包んで、押します。
1~2日すると食べごろになります。
ネタは、魚だけではなく、シイタケなどを使う場合もあります。
柿の葉は、そのまま使用する場合もあるが、塩漬けにする場合もあります。
殺菌効果を上げる効果と、硬い柿の葉を柔らかくする効果もあります。
食べる際は、柿の葉は外して食べますが、お寿司に、ほのかに柿の葉の香りがします。
柿の葉は、渋柿の葉を使用します。
渋柿の葉の方が、タンニンが多く含まれており、殺菌効果も高いからでしょう。

石川県の「柿の葉寿司」は、柿の葉の上に鯖・鮭・鯛・ブリなどのネタを乗せ、その上に酢飯をのせます。
上に桜エビなどをちらし、重石を乗せて数日経てば、食べごろになります。
石川県の「柿の葉寿司」は、加賀藩主の前田利家に献上したこともある有名な寿司で、現在も夏祭りの際などに各家庭で作られています。

奈良県の東吉野では、柿の葉ではなく、ホウノ葉を使うこともあるようです。
東吉野あたりの山でホウノ葉がたくさんあるからだそうです。

同じ「柿の葉寿司」ですが、県によって、見た目は異なってきます。
奈良県・和歌山県では、寿司を柿の葉でくるんでしまいますが、石川県では、包みません。
味はほとんど変わりがないようです。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 梅乃井 京都府京都市中京区柳馬場通姉小路上る柳八幡町74−2 電話075-221-5197
    • 味嘉・和食・すし岡垣店 福岡県遠賀郡岡垣町大字内浦261−1 電話093-283-0766
    • 赤のれん 三重県四日市市塩浜本町1丁目38 電話059-345-2554
    • おかもと 京都府京都市上京区今出川通御前通東入社家長屋町678 電話075-462-1335
    • まる田 新潟県燕市吉田東栄町52−2 電話0256-92-4954

今日のお勧め記事 ⇒ ちらし寿司

「ちらし寿司」は、大きく分けると2種類あります。酢飯の上に、具をのせる乗せ寿司と、酢飯に具を混ぜた混ぜ寿司になります。使用する具も色々あり、地域によって異なってきます。 江戸発祥の「ちらし寿司」は別名「海鮮丼」と呼ばれます。主に東日本に多いのですが、酢飯の上に、刺身などの魚介類をきれいに並べたものになります。乗せる具は、握り寿司の材料になるようなマグロ、ホタテ、サケ、イカ、エビ、タコ、イクラ、ウニなどで、他には、卵焼きなどをのせます。 関西など西日本の「ちらし寿司」は、酢飯

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。