トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ地方の寿司, 地方の寿司 > 鯖寿司、バッテラ

鯖寿司、バッテラ

鯖寿司、バッテラの画像

「鯖寿司」は、鯖を使った「なれ寿司」になります。
「鯖寿司」が郷土料理になっているところは、福井県の若狭、岡山県の新見市、山陰地方になっています。
他には、京都の「鯖寿司」も有名です。

「鯖寿司」は、三枚おろしにした鯖に塩を振り、身を締めます。
その後、酢に鯖をつけてシメ鯖を作ります。
シメ鯖ができたら、薄皮を剥ぎ、平らに身を切ります。
酢飯の上にシメ鯖を置き、ラップや簾を使って細長い形を作ります。
「鯖寿司」切る時の基本の大きさは、縦2.5センチ、横2.5センチ、奥行き6センチと決まっているそうです。

京都の「鯖寿司」は、京料理の一つで、お祭りの時のごちそうでした。
京都の「鯖寿司」で有名なお店が「いづう」というお店です。
「いづう」の「鯖寿司」は、米、鯖、酢などにこだわっており、鯖を氷の冷蔵庫に一晩ねかせたり、昔ながらの作り方で作られています。
また、鯖寿司を昆布で包み、竹の皮で包まれています。
「鯖寿司」は、魚臭いという理由で、倦厭する人もいますが、ここの「鯖寿司」は、全くそのようなことがないのです。

大阪の寿司に「バッテラ」があります。
鯖を使うということで「鯖寿司」と似ていますが、大阪では「鯖寿司」と「バッテラ」は別のものをして扱われています。
「鯖寿司」は巻きすなどで形を作るに対して、「バッテラ」は箱型に酢飯、鯖、白板昆布を乗せたものです。
鯖自体も「バッテラ」の方が薄く、価格も安価になっています。
「バッテラ」は、ポルトガル語で小舟の意味で、箱形が舟の形に似ていることから、この名前がつけられたといわれています。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 鮒寿司

「鮒寿司」は、岐阜県の郷土料理で、今から1000年以上前から作られている「なれ寿司」です。 「鮒寿司」に使われる鮒わは、琵琶湖のニゴロブナが使われます。 その中でも、メスの子持ちは、とても高価な「鮒寿司」になります。 この、ニゴロブナは、環境の悪化により、減少してきています。 他のフナで作られている「鮒寿司」もあるそうです。 「鮒寿司」は、発酵させて作られる「なれ寿司」ですので、臭いもきつく、そのままで食べられる人は、多くはありません。 もちろん、ビールのつまみとしてや、お

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。