トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ地方の寿司, 地方の寿司 > 茶巾寿司、温寿司

茶巾寿司、温寿司

茶巾寿司、温寿司の画像

「茶巾ずし」は、ニンジンやシイタケなど味をつけた酢飯を薄焼き卵で包み、かんぴょうで結んだ茶巾の形の寿司です。
上部中央は花のように開き、上にエビを飾ります。
お店によっては、小包みのように四角く包んでしまうこともあります。
薄焼き卵の中の酢飯は、ニンジンやシイタケをだし汁、砂糖、醤油みりんなどで煮たものを混ぜ、味をつけます。
見た目がとてもかわいく、きれいなので、ひな祭りなどのお祝いの席に作ったりします。
家庭でも簡単に作れるお寿司になります。

「温寿司」は「ぬくずし」と読み、西日本地方の暖かいバラ寿司になります。
西日本地方では、「温かい」というのを「ぬくい」ということから「温寿司」と呼ばれるようになりました。
西日本でも、大阪市、京都市、岡山市、松山市、尾道市の郷土料理として扱われています。
ほとんどのお寿司は、冷たいものが多いのですが、この「温寿司」は、温かいお寿司で、冬限定メニューとして販売しているお店がほとんどです。

「温寿司」は、どんぶりに酢飯を入れ、上にシイタケ、アナゴ、エビ、錦糸卵、三つ葉などをのせます。
そのどんぶりを蒸し器で蒸すお寿司です。
簡単に作れますので、冬は温かくていいかもしれません。
彩りもきれいで、寒い冬には嬉しいお寿司になります。

自宅で、ばら寿司などが余った際、温めて食べると「温寿司」になります。
蒸し器で蒸すのが面倒なときは、ラップをして、レンジで温めるというお手軽な方法があります。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 鯖寿司、バッテラ

「鯖寿司」は、鯖を使った「なれ寿司」になります。 「鯖寿司」が郷土料理になっているところは、福井県の若狭、岡山県の新見市、山陰地方になっています。 他には、京都の「鯖寿司」も有名です。 「鯖寿司」は、三枚おろしにした鯖に塩を振り、身を締めます。 その後、酢に鯖をつけてシメ鯖を作ります。 シメ鯖ができたら、薄皮を剥ぎ、平らに身を切ります。 酢飯の上にシメ鯖を置き、ラップや簾を使って細長い形を作ります。 「鯖寿司」切る時の基本の大きさは、縦2.5センチ、横2.5センチ、奥行き6

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。