トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ地方の寿司, 地方の寿司 > 鱒寿司

鱒寿司

鱒寿司の画像

「鱒寿司」は、富山県の郷土料理で、サクラマスを使った押し寿司です。
現在は、あまりサクラマスが手に入りにくくなったため、北海道産や、外国産の鱒を使用することもあります。
「鱒寿司」は、江戸時代に富山藩主の家臣が徳川吉宗に献上し、絶賛したとの話もあります。

「鱒寿司」は、木の丸い箱に笹をを敷き、味付けした鱒を敷き詰め、その上に酢飯を入れ、笹でふたをし、押して作ります。
色は、きれいなピンク色をしていますが、この色は、鱒本来の色です。
青竹を2本上下置き、輪ゴムで止められています。
輪ゴムでさらに引っ張ることにより、腐敗するのを防ぐ役割があります。
食べるときは、ケーキのように切り分けて食べます。
切る際は、笹をつけたまま切るといいいでしょう。
笹は、殺菌作用があり、残すときにつけたままにできるからです。

「鱒寿司」は、主に駅弁として有名になりました。
「ますのすし」として販売されています。
富山県では、現在30店舗ほど、「鱒寿司」をつくっているお店があります。
現在は、富山県だけではなく、東京駅でも販売されていたり、デパートなどの駅弁フェアなどで販売されています。
富山県では、スーパーやコンビニでも「鱒寿司」が売られています。
駅弁やお土産用のように、木の器(わっぱ)ではないのですが、簡単に食べられるように、トレーに入っていたりします。

「鱒寿司」は、富山などの家庭で一般的に食べられているというより、お土産や、駅弁として食べられていることが多くなっています。
「鱒寿司」は、1段重ねと2段重ねのものとあります。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 旅館和楽 福井県三方上中郡若狭町世久見14−3−1 電話0770-46-1001
    • すし徳 宮城県塩竈市佐浦町3−16 電話022-364-3245
    • 寿し利 岩手県盛岡市大通1丁目7−12 電話019-651-4144
    • 有限会社おかる 岩手県奥州市前沢区字七日町91 電話0197-56-2515
    • 魚芳 愛媛県今治市宮窪町宮窪2828 電話0897-86-2092

今日のお勧め記事 ⇒ 稲荷寿司

「稲荷寿司」は、甘辛く煮た油揚げの中に酢飯を入れて、包んだ寿司です。「お稲荷さん」とも呼ばれます。中に入れるご飯は、酢飯だけの場合もありますし、酢飯にニンジンやシイタケを煮たものを混ぜたり、胡麻を混ぜたりと色々あります。 「稲荷寿司」の名前は、稲荷神社などの神の使いのキツネが、油揚げが好きであるという言い伝えがあり、そこから「稲荷寿司」という名前が付きました。 「稲荷寿司」は、一般的に、俵型に包みますが、関西などでは、油揚げを三角に切り、三角の稲荷寿司が主流となっています。

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。