トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ > 寿司職人・世界の寿司

寿司職人・世界の寿司

寿司職人になるには?

寿司職人になるには、一般的に「飯炊き3年、握り8年」と言われ、一人前になるには10年以上かかるほど、大変な職業です。 寿司職人になるのに、特に資格は必要ありません。 寿司職人になるには、寿司を握る技術を取得することはもちろん、魚の鮮度の見分け方、さばき方、魚についての知識や技術など取得しなければいけません。 寿司職人の修業を始めると、まずは、洗い場やホール、出前などの仕事から始まります。 2~3年経った頃、貝類や、小さな魚のさばき方、玉子を焼いたり、煮物、賄いを作ります。

寿司職人・世界の寿司の記事

寿司職人・世界の寿司のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

寿司職人になるには?

寿司職人になるには?

寿司職人になるには、一般的に「飯炊き3年、握り8年」と言われ、一人前になるには10年以上かかるほど、大変な職業です。 寿司職人になるのに、・・・


寿司職人になるには?

寿司職人になるには?

寿司職人になるには、一般的に「飯炊き3年、握り8年」と言われ、一人前になるには10年以上かかるほど、大変な職業です。 寿司職人になるのに、・・・


世界の寿司

世界の寿司

1900年代に入ると、寿司は海外へ行きます。 それまで、日本料理はありましたが、寿司はありませんでした。 その頃の寿司は、「巻き寿司」や「・・・


世界の寿司

世界の寿司

1900年代に入ると、寿司は海外へ行きます。 それまで、日本料理はありましたが、寿司はありませんでした。 その頃の寿司は、「巻き寿司」や「・・・


江戸前寿司

江戸前寿司

寿司の歴史は古いのですが、「握り寿司」が出てきたのは江戸時代に入ってからです。 「握り寿司」が出てくると、人気が出て江戸中、さらには、大阪・・・


江戸前寿司

江戸前寿司

寿司の歴史は古いのですが、「握り寿司」が出てきたのは江戸時代に入ってからです。 「握り寿司」が出てくると、人気が出て江戸中、さらには、大阪・・・


寿司屋いろいろ

寿司屋いろいろ

寿司屋は、早ずしができた江戸時代ごろは、屋台でした。 屋台で庶民が気軽に食べられるように、一口サイズに作られたのです。 しかし、その後、屋・・・


寿司屋いろいろ

寿司屋いろいろ

寿司屋は、早ずしができた江戸時代ごろは、屋台でした。 屋台で庶民が気軽に食べられるように、一口サイズに作られたのです。 しかし、その後、屋・・・


寿司屋の衛生面

寿司屋の衛生面

寿司屋は、生モノを扱うため、衛生面に気をつけなければいけません。 魚介類は、腐敗しやすく、梅雨時期から夏場にかけては、特に気をつけないと、・・・


寿司屋の衛生面

寿司屋の衛生面

寿司屋は、生モノを扱うため、衛生面に気をつけなければいけません。 魚介類は、腐敗しやすく、梅雨時期から夏場にかけては、特に気をつけないと、・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 鱒寿司

「鱒寿司」は、富山県の郷土料理で、サクラマスを使った押し寿司です。 現在は、あまりサクラマスが手に入りにくくなったため、北海道産や、外国産の鱒を使用することもあります。 「鱒寿司」は、江戸時代に富山藩主の家臣が徳川吉宗に献上し、絶賛したとの話もあります。 「鱒寿司」は、木の丸い箱に笹をを敷き、味付けした鱒を敷き詰め、その上に酢飯を入れ、笹でふたをし、押して作ります。 色は、きれいなピンク色をしていますが、この色は、鱒本来の色です。 青竹を2本上下置き、輪ゴムで止められていま

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。