トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ寿司職人・世界の寿司, 寿司職人・世界の寿司 > 寿司屋いろいろ

寿司屋いろいろ

寿司屋いろいろの画像

寿司屋は、早ずしができた江戸時代ごろは、屋台でした。
屋台で庶民が気軽に食べられるように、一口サイズに作られたのです。
しかし、その後、屋台は衛生的ではないという理由で、店を構えるお店が多くなりました。
店は、カウンタータイプで、目の前で寿司を握ってくれるスタイルになったのです。

現在もカウンターの寿司屋はありますが、ネタなどにもこだわっており、値段も高めで、高級なイメージあります。
庶民が気楽に入れる雰囲気ではありません。

1958年に大阪で初めて回転寿司が誕生しました。
回転寿司を開店させたのは「廻る元禄ずし」です。
回転寿司は、お客さんの前にベルトコンベアーがあり、その上にお皿に乗った寿司を置きます。
お客さんの目の前に寿司が廻るのです。
ベルトコンベアに食べたい寿司がなければ、注文することもでき、握ってくれます。

カウンタータイプの寿司屋の中には、金額が提示されていないところも多くあります。
その時の時価で金額が異なるからです。
しかし、回転寿司では、均一の金額だったり、お皿の色で金額が、簡単にわかるようになっています。
金額がわかるので、お客さんもお金の心配をしないで食べることができます。
回転寿司屋はチェーン店が多く、魚介類を一度に多く仕入れたりするシステムで安価で提供することができるのです。

お寿司は高級で気軽に食べるものではないというイメージから、庶民でも気軽に食べることができるというイメージに変化していきました。
このような回転寿司の利点で、近年、回転寿司屋が多くなっております。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寿司の文化

もともと寿司は、寿司屋でカウンターなどで食べるものでした。そして、寿司は、庶民にとっては高価なものでした。しかし、大阪で1958年に回転すし屋がオープンしてから、庶民に広がりました。その後、寿司は、家庭でも「手巻きずし」という形で、食べられるものになりました。 寿司は今でもやはり、高級なものというイメージがあります。やはり、高級なお寿司は、カウンターで食べるお寿司屋になっています。そのせいか、ハレの日や、お祭りの時などで、お寿司を食べることが多くなっています。 ひな祭りのと

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。