トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ栃木県, 沖縄県 > まんぷく四郎庵

まんぷく四郎庵

まんぷく四郎庵

浦添・学園通り
4名様~35名様まで
個室宴会承ります。

島のまーさむんたっぷりの心を込めて作った料理と旨いお酒。
「まんぷく四郎庵」は、皆様の幸せで楽しいひとときの「心の満腹」をお手伝いしたいと心がけています。

まんぷく四郎庵:DATA
所在地〒901-2133
沖縄県浦添市城間4丁目38-1
TEL098-878-7998
FAX
URLhttp://shirouan.okitabe.com/
業種寿司屋、活き魚料理店、居酒屋、飲食店、沖縄料理店、懐石料理店、割ぽう料理店、家庭料理店、郷土料理店、小料理店、魚料理店、刺身料理店、すし店、創作料理店、鳥料理店、日本料理店、焼鳥店、和風居酒屋
営業時間など
駐車場10台 
アクセス(その他)
浦添学園通り、港川幼稚園横
お役立ち情報◇生ビール・チューハイ・カクテル 日曜・祝祭日オールタイム 100円
◇平日・生ビール ※1グループにつき1時間 98円 PM:11:30~ラスト
女子会サービス
女性4名様以上でご予約のグループへ「デザート」をサービス
 ※ご予約の際、女子会とお申し込み下さい。

まんぷく四郎庵の地図

沖縄県浦添市城間4丁目38-1 (Sorry, this address cannot be resolved.)

寿司/まんぷく四郎庵の詳しい情報です!

10年余りの経験豊かなベテランスタッフが腕を振るう海鮮料理の数々がおすすめ。
多目的に利用できる個室もあり4名から35名までの宴会も可能。
要望や予算に応じた宴会料理も満足度充分です。

■刺身
マグロ刺 ¥630
ブリ刺 ¥630
イカ刺 ¥420
サーモン刺 ¥609
刺身 ¥800盛
刺身 ¥1200盛
刺身 ¥2000盛
霜降り馬刺 ¥630
牛レバー刺 ¥630

■寿司
特上寿司 ¥1200
上寿司 ¥1050
鉄火巻 ¥525
カッパ巻 ¥420
納豆巻 ¥420
玉子巻 ¥420
梅しそ巻 ¥420
サラダ巻 ¥525

■うちなー料理
スーチカー ¥420
ソーキにんにく煮 ¥609
豆腐よう ¥420
てびちカリカリ揚げ ¥630
もずく天ぷら ¥504
天ぷら盛り合わせ ¥819
ヒラヤーチー ¥420
ウムクジプットゥイ ¥420
スクガラス豆腐 ¥315
ミミガー ¥420
ラフテー ¥600

■チャンプルー
ゴーヤーチャンプルー ¥609
フーチャンプルー ¥504
ソーメンチャンプルー ¥504
イカスミチャンプルー ¥735
豆腐チャンプルー ¥504
豚キムチ ¥609
焼きうどん ¥609

■串焼
やきとり(わさび・チーズ・梅しそ) ¥294
鳥皮 ¥315
砂肝 ¥315
ねぎ間 ¥315
つくね ¥315
鳥軟骨 ¥315
うずらベーコン ¥315
しいたけ ¥210
ししとう ¥210
串焼き盛り合わせ ¥1050

■一品料理
みそだれサイコロステーキ ¥819
ジャガイモベーコンバター ¥472
茄子ミートチーズ焼き ¥504
豚バラかんたんチーズ焼 ¥609
揚げ出し豆腐 ¥367
カキフライ ¥504
若鶏唐揚げ ¥504
チヂミ ¥504
若鶏たたきポン酢 ¥609
にんにく入り厚焼玉子 ¥525
ササミ梅しそ揚げ ¥472

■ ¥315メニュー
山芋なっとう
とり軟骨唐揚げ
山芋唐揚げ梅ソース添
島豆腐みそ焼き
サキイカ天
カマンベールチーズフライ
ごぼうスティックカリカリ揚げ
にんにく丸揚げ
ししゃも
イカゲソ唐揚げ
ポテトフライ
枝豆

■サラダ
近海魚マスタード焼き ¥714
海鮮サラダ ¥819
じゃこと大根サラダ ¥504
トマト明太子サラダ ¥609
グリーンサラダ ¥609
森のきのこサラダ ¥609

■パスタ

■ピザ

■ご飯類

■御膳物

■雑炊

■デザート

■本日のおすすめ

 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この寿司屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • まんぷく四郎庵 沖縄県浦添市城間4丁目38−1 電話098-878-7998
    • あじ蔵 茨城県稲敷市江戸崎684−1 電話029-892-4239
    • 大和家/本店 北海道小樽市稲穂3丁目4−11 電話0134-23-1540
    • 寿司よし 大阪府堺市南区三原台3丁1−4 電話072-299-8028
    • ますや 広島県府中市府中町864−1 電話0847-41-3555

今日のお勧め記事 ⇒ 寿司の文化

もともと寿司は、寿司屋でカウンターなどで食べるものでした。そして、寿司は、庶民にとっては高価なものでした。しかし、大阪で1958年に回転すし屋がオープンしてから、庶民に広がりました。その後、寿司は、家庭でも「手巻きずし」という形で、食べられるものになりました。 寿司は今でもやはり、高級なものというイメージがあります。やはり、高級なお寿司は、カウンターで食べるお寿司屋になっています。そのせいか、ハレの日や、お祭りの時などで、お寿司を食べることが多くなっています。 ひな祭りのと

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。