トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ青森県, 長野県 > 秀寿司

秀寿司

秀寿司

全国的に貴重な蒸しカマドと木炭で蒸し上げる
極上のシャリが自慢

コシヒカリ、ササニシキをブレンドしたシャリに、
毎朝下北の海から直送される防腐剤無しの
ウニを使ったウニイクラ巻き。
北海道より直送のカニを使ったカニミソ巻。
その他下北産の鮮度バツグンのねたがせいぞろい。
年中無休で、昼2時頃まではすし追加サービスがあります。
ご宴会、出前も承ります。

秀寿司:DATA
所在地〒030-0812
青森県青森市堤町1丁目5-12
TEL017-722-8888
FAX017-722-8877
URL
業種寿司屋、すし店
営業時間など平日 11:30~23:00
日曜、祝日 11:30~22:00 年中無休
駐車場有 
アクセス(最寄駅)
○JR線・青森駅タクシーで約5分
(バス)
○国道4号線、文化会館前停留所・徒歩約3分
(車)
○東北自動車道:青森I.Cから約20分
○青森空港からタクシーで約25分
お役立ち情報

秀寿司の地図

青森県青森市堤町1丁目5-12 (Sorry, this address cannot be resolved.)

寿司/秀寿司の詳しい情報です!

◆「美味の里」青森にて、心づくしのおもてなし。
 四季折々の厳選食材を取り揃え、心をこめたおもてなしで皆様をお迎え致します。

◆くつろぎの空間で、ゆったりとした時間を。
 「今日は、ひとりで寿司を堪能したい」、「仲間とにぎやかに過ごしたい」、
 「家族みんなでくつろぎたい」・・・。寿司を食べるときの想いは十人十様。
 お客様の様々な想いにお応えできるよう、細かな心配りと穏やかな雰囲気づくりを心掛けています。
○カウンター
 背中側を広くとり、ゆったりとした造りにしています。
 板前の手仕事を眺めながら、旬の味覚に舌鼓を打てるのは、特等席ならではの醍醐味です。
 板前との会話も一興です。
○小上がり席
 ご家族づれの方や、少人数での会合などにお薦めです。
 特別にあつらえた津軽塗りのテーブルや迫力あるねぶた絵など、寿司以外でも「青森」の空気を
 お楽しみ頂けます。
○個室、座敷
 2階には5部屋の個室があり、部屋続きにすると約50名様までご利用頂けます。
 歓送迎会や各種ご宴会など、お気軽にご相談下さい。

◆妥協のない「味」で、五感に喜びをお届けします。
 おいしい寿司を握るためには、「あらゆる手間を惜しまないこと」が大切です。
 一切の妥協をせず、吟味を重ね、こだわり抜いた味。
 目で、香りで、指先で、舌で、音で、五感全てで心ゆくまで味わって下さい。
○ねたのこだわり
 ねたは、毎朝新鮮なものを仕入れています。
○シャリのこだわり
 ふっくらとしたシャリの秘訣は、米を研いだあと完全に水気を切り、熱湯から「蒸し上げる」こと。
 当店では、全国的にも貴重な蒸しカマドと火力の強い木炭を使い、新潟産コシヒカリと
 宮城産ササニシキの独自ブレンド米を高温で蒸しています。釜底のおこげはおいしさの証。
 手間をかける分、噛むほどに甘味が広がる自慢のシャリに仕上がります。

■サービス
 和食の達人・神田川俊郎氏絶賛!「カネカメなかむら中村醸造元」製最高峰醤油「なかむら」。
 全国でも、5ケ所でしか味わえないお醤油です。
 ご希望の方に無料でお出ししておりますので、是非「なかむら」でご賞味下さい。

■JTB情報誌「るるぶ青森」、JR月刊誌「トランヴェ-ル」、JAL機内誌、JCB会報など掲載紙多数。
 TBSグルメ番組等でも紹介されました。

■ご宴会のお料理は、ご予算に応じ如何ようにでも承ります。お気軽にご相談下さい。

 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この寿司屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 有限会社増田屋/本店 兵庫県神戸市垂水区日向2丁目5−17 電話078-705-0333
    • 鮨の安さん 北海道北見市常呂町字常呂中央町 電話0152-54-2020
    • 日本海 奈良県橿原市太田市町19−1 電話0744-23-6303
    • 太閤寿司 長崎県長崎市梅香崎町1−12 電話095-821-1345
    • だるま 愛知県西尾市道光寺町寺内下4−3 電話0563-57-0011

今日のお勧め記事 ⇒ 稲荷寿司

「稲荷寿司」は、甘辛く煮た油揚げの中に酢飯を入れて、包んだ寿司です。「お稲荷さん」とも呼ばれます。中に入れるご飯は、酢飯だけの場合もありますし、酢飯にニンジンやシイタケを煮たものを混ぜたり、胡麻を混ぜたりと色々あります。 「稲荷寿司」の名前は、稲荷神社などの神の使いのキツネが、油揚げが好きであるという言い伝えがあり、そこから「稲荷寿司」という名前が付きました。 「稲荷寿司」は、一般的に、俵型に包みますが、関西などでは、油揚げを三角に切り、三角の稲荷寿司が主流となっています。

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。