トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ長野県, 山口県 > 長沢ガーデン長沢温泉株式会社

長沢ガーデン長沢温泉株式会社

長沢ガーデン長沢温泉株式会社

≪温泉380円≫≪宿泊2,800円より≫

湖水に面した静観な温泉宿とレストラン。
新鮮な料理と格安な宿泊料で皆様のお越しをお待ちしております。<9:30~23:00><年中無休>
駐車場:観光バス30台 乗用車100台
宿泊 宴会 レストラン 温泉 仕出し
※一晩中温泉入浴可能

長沢ガーデン長沢温泉株式会社:DATA
所在地〒747-1232
山口県防府市台道長沢湖畔
TEL0835-32-0140
FAX0835-32-0142
URLhttp://nagasawa-g.com/pc/
業種寿司屋、温泉浴場、温泉旅館、懐石料理店、割ぽう旅館、釜めし料理店、結婚式場、刺身料理店、食堂、すし店、てんぷら料理店、鍋料理店、ビジネスホテル、ファミリーレストラン、みやげ品、焼肉店、旅館、レストラン
営業時間など09:30~23:00(予約受付08:30~23:00)年中無休
駐車場観光バス30台 乗用車100台 駐車料金 無料
アクセス(最寄駅)
○JR山陽本線・四辻駅から車で約2分
(バス)
○バス停「長沢温泉」下車すぐ目の前!
(車)
○山陽自動車道 山口南インターから約2分!
○防府市街・小郡町から共に車で約10分
(その他)
○収容人員:800人
○駐車場:観光バス30台、乗用車100台
○マイクロバス送迎有(人数、エリア応相談)
お役立ち情報「iタウンページ見ました」で特典あり!
宴会の室料・入浴料・マイクロバス送迎が無料に!

●宿泊料金 本館 素泊まり3300円、別館 素泊まり2800円
  ※同室2人目から1000円/1人割引
●食事はレストランをご利用下さい(夜11時まで営業)
  麺類・丼物・定食など各種取り揃えております。
●天然温泉 日帰り入浴料金 大人380円 小人150円

長沢ガーデン長沢温泉株式会社の地図

山口県防府市台道長沢湖畔 (Sorry, this address cannot be resolved.)

寿司/長沢ガーデン長沢温泉株式会社の詳しい情報です!

<宿泊>
・本館 素泊まり 3300円
・別館 素泊まり 2800円
※同室2人目から1000円/1人割引
食事はレストランをご利用下さい(夜11時まで営業)
チェックイン 16:00~チェックアウト 10:00
朝食は¥630で承ります

<宴会>
・会席風コースA・B(5~7品) 3000円~3500円
・会席コースA・B・C(8~11品) 4000円~6000円
・特選会席コース(11品以上) 7000円~10000円
オードブル・バイキング等 承ります
・各コース共通 飲み放題プラン
お一人様 2時間30分 2000円
※部屋付仲居が必要な場合は、仲居一人につき6000円要します

<レストラン>
和食・洋食・喫茶の多種多様なメニューをご提供!
(夜11時まで営業)

<温泉>
ラドン温泉 神経痛等に効果
●泉質
単純弱放射能冷鉱泉
●泉温
源泉17.7度 無色・透明・無味・無臭
●形態
温泉浴場 男女別
●効能
慢性間接リュウマチス、慢性筋肉リュウマチス、
神経痛、慢性胃腸カタル、慢性胆嚢炎等、
神経炎、尿酸結石、老衰現象、慢性皮膚病、など
◆日帰り入浴料金 大人380円 小人150円
◆個室休憩料 6名様まで 3150円
ごゆっくりおくつろぎ下さい

<仕出し>
祝事・法事 お気軽にご相談下さい。
折詰会席A・B・C・D 4000円~6000円
仕出し範囲(山口市・小郡町・秋穂町・防府市)

<設備・施設>
◆大駐車場 ◆会議室 ◆宴会場
◆結婚式場 ◆カラオケ ◆コインランドリー
◆各種自動販売機多数

<アクセス>
◆所在地
〒747-1232 山口県防府市台道長沢湖畔
◆駐車場
観光バス30台・乗用車100台 駐車料金 無料
◆交通
山陽自動車道山口南インター下車、わずか2分!
バス停「長沢温泉」下車すぐ目の前!
JR山陽線四辻駅から車で約2分
防府市街から車で約10分
小郡町から車で約10分
(最寄施設)
◆山口セミナーパークまで車で約5分
◆秋穂らんらんドームまで車で約15分

 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この寿司屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寿司の歴史

寿司は、日本の料理のイメージがありますが、寿司の始まりは、東南アジアだといわれています。東南アジアでは、保存食として魚を塩漬けにし、米の中に入れ発酵させて食べています。そして、数十日~数か月経つと、発酵した魚だけを食していました。この発酵させた食べ物を「なれずし」と呼んでいます。 平安時代になると、この「なれずし」が中国を経由して日本に入ってきました。東南アジアでは「なれずし」を作る際に使った米は捨てられていました。室町時代になると、日本人は、この捨てていた米も一緒に食べた

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。