トップ 寿司屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

寿司屋ナビ石川県 > 米八

米八

米八

檜舞台と輪島塗りのカウンターで

割烹“米八”のおもてなしは、明治三十年創業以来の味の伝統を守り、美味求真ひと筋に心を込めてまいりました。
お昼には手軽な加賀料理、夜は本格的“米八”料理にと板前が腕をふるいます。
ご予算、ご希望に応じて、ご宴会、ご会食に、米八を是非ご利用くださいませ。

米八:DATA
所在地〒923-0913
石川県小松市松任町58
TEL0761-24-1717
FAX0761-23-4868
URL
業種寿司屋、すし店
営業時間など
駐車場有 
7台分のスペース有り
アクセス(最寄駅)
○JR北陸本線・小松駅徒歩8分 車で2分
(バス)
○松任町停留所・徒歩2分
○京町停留所・徒歩1分
(車)
○小松インターから10分
○8号線粟津方面へ向い平和堂右入るから3分
(その他)
小松空港から車で10分
お役立ち情報

米八の地図

石川県小松市松任町58 (Sorry, this address cannot be resolved.)

寿司/米八の詳しい情報です!

◆◆ 檜舞台 ◆◆
季節の訪れを季節の味で―。
磨きぬかれた板前の腕が旬の幸を得て躍る。
器をいろどる心づくしの味。
“米八”の風味を心ゆくまでお楽しみ下さい。

●加賀・小松 名物 「関所寿し」
文治三年(1187年)の春、奥州へ下る山伏姿の義経の一行が、安宅の里で一夜の宿を頼むと、丁重に迎えた主人が、新鮮な安宅の浜の魚肉を酢につけておにぎりの間にはさみ、一夜おもしをした鄙びた押ずしを翌朝一行に供した。この珍味に舌つづみを打つ一行に、更にこれを竹の皮に包んで旅中のかてにと持たせた。
これが安宅の関越えの「押寿し」として今に伝えられ、更に割烹米八が家伝の秘宝で謹製したのがこの関所寿しです。勧進帳の巻物になぞらえて竹の皮に包んだ寿しの風味に、遠く木曽路を旅する義経一行を偲ばせながら、御賞味下さい。

●割烹“米八”のおもてなし四季の風情でお迎えします。
 女性同志の味散歩
 還暦・初老の祝いに!
 飛行機の待ち時間に!
 忘・新年会に!
 ゴルフの後に!
※お問い合わせ下さい。

●料亭気分で昼食をどうぞ!
お気軽な昼食メニューをご用意いたしました。

◆お食事 2,100円コース
 (付出し/すし/吸物/デザート)
 ※夕食にもご用意いたします。
◆お食事 3,150円コース
 (付出し/すし/吸物/デザート)
 ※夕食にもご用意いたします。
◆おまかせ 5,250円コース
 (付出し/お刺身/すし/吸物/デザート)

各種宴会・法事・会合・お祝い事にご利用いただけます。

【懐石料理】
 6,300円~12,600円
※お客様のご予算に応じて、ご用意させていただきますので、お気軽に相談くださいませ。

■営業時間 午前11時~午後9時
■定休日 月曜日

ご予約は 0761-24-1717

 

口コミ情報

   
    

口コミがまだ書かれていません。
ぜひ、口コミを投稿して下さい。

   
  

この寿司屋さんに口コミする







画像の中に見える文字を入力してください。

寿司屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寿司のネタ

寿司に乗せる魚介類のことをタネ、またはネタといいます。ネタの王道といえば、マグロでしょう。他には、アジ、イワシ、カツオ、サケ、サバ、サンマ、タイ、ハマチ、えび、イカ、カニ、タコ、アワビ、赤貝、ホタテ、イクラ、ウニなどなど様々な魚介類を使います。 他には、ウナギやアナゴなどは、煮つけたり蒲焼にして酢飯の上に乗せます。魚介類のほかには、出汁巻き卵なども一般的です。 寿司のネタを買うときは、色がきれいで、光沢があるもの、身に弾力があり、艶がある魚を選ぶようにしましょう。もともと切

寿司屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。